ホーム ≫ 進路状況 ≫

卒業生からのメッセージ

進路状況

卒業生からのメッセージ

平成30年卒業
京都大学法学部
品川 陽太朗
親身になって接してくれる先生。
金光学園の先生は親身になって接してくれる先生ばかりで生徒一人ひとりの面倒をしっかりと見てくれます。合格報告の際に私以上に先生たちが喜んでくれたことは記憶に強く残っています。友人関係でも私は恵まれていて部活動や学校行事に友人と過ごすことができ、充実した高校生活を送れました。金光学園には勉強においても部活においても精力的に活動する環境が整っています。私は金光学園に進学して良かったですし、金光学園を誇りに思っています。
自由な校風は自分の個性を伸ばす最適な環境。

金光学園の自由な校風は、6年間過ごす上で自分の個性を伸ばすために最適な環境を提供してくれました。勉学に取り組むにあたっては、生徒が掲げる目標に対して教職員の方々に全力でサポートしていただきました。他の学校と異なるのは、そこに進学校的な勉強を強制する風潮がないことです。だから、絵に描いたような楽しい学生生活を謳歌できます。
6年間は非常に有意義で、かけがえのないものになりました。

平成30年卒業
京都大学経済学部経済経営学科
小林 永典
平成30年卒業
名古屋大学法学部法律・政治学科
廣川 瑛介
学業に集中できる環境。
金光学園では、自習室が設けられていたり、Z会の添削指導を紹介してくれたりと生徒が学業に集中できる環境が整っています。もちろん、先生方も熱心に勉強を教えてくださいます。そのおかげもあり、私は大きく成績を伸ばすことができました。金光学園で良い友達に恵まれ、最高の先生方に教わることができ、この6年間は私にとって最高の思い出になりました。
たくさんのことに挑戦できる環境 。

金光学園の魅力は、勉強以外にもたくさんのことに挑戦できる環境があるところです。部活動の数も多く活発ですが、それ以外にも短期の留学プログラムや、国際交流、ゼミ活動など自分の興味、関心のあることをとことん追求し、学ぶことができます。また、先生方は生徒一人一人の個性を大切にしてくださり、いつでも親身になって相談に乗っていただき感謝しています。充実した学園生活を送れたことをとても嬉しく、誇りに思っています。

平成30年卒業
岡山大学グローバルディスカバリープログラム
植田 七菜子
平成30年卒業
岡山大学教育学部養護教諭養成課程
石井 杏弥
高校から金光学園入学の不安を払拭。
私は高校から金光学園に入学しました。最初は馴染めるのか不安もありましたが、みんな温かく声をかけてくれたおかげで友達もでき、すぐに不安は無くなりました。先生方は授業はもちろん、個人的な質問も丁寧に教えてくださりました。AO・推薦対策も熱心に指導してくださり、合格を頂くことができました。学園では勉強だけではなく、部活や行事を通してかけがえのない仲間に出会えます。私は金光学園を選んで通えたことに誇りを持っています。
探究授業で取り組んだ研究と学会でのプレゼンテーションで貴重な体験。

金光学園の魅力の一つは、勉強以外にも様々なことに挑戦する機会を与えてくれるところです。特に探究授業で取り組んだ研究と学会でのプレゼンテーションは大学でも社会に出ても活かせる貴重な経験でした。また、様々な研修や多くの行事を通して自主性や責任感が養われ、大いに成長することができたと思います。6年間金光学園で過ごせたこと、かけがえのない友人達と個性豊かで温かい先生方に出会えたことに心から感謝しています。

平成30年卒業
慶應義塾大学 環境情報学部環境情報学科
遠藤 稚子
平成29年卒業
鳥取大学医学部医学科
大月 貴弘
金光学園が「第二のふるさと」。
金光学園は生徒と先生方の距離感がとても近く、友人だけでなく先生方とも人と人との関わりを持つことができる素晴らしい学校でした。だからこそ先生方は僕の長所や性格に合った事を見つけて提案し、挑戦させてくださったし、自らやりたいことをはっきりと主張することもできました。卒業後でも先生方とのつながりは強く、いつ学校に訪ねて行っても温かく迎えてくださる「第二のふるさと」となりました。