ホーム ≫ 進路状況 ≫

卒業生からのメッセージ

進路状況

卒業生からのメッセージ

平成26年卒業
京都大学 医学部
堀 祐基
自由を認めながら応援してくれた。
私は,先生方が生徒一人ひとりに深い愛情を持って,とても親身に指導・教育をしてもらったことが印象的です。生徒個人のやり方を尊重してくれ,人それぞれの自由を認めながら応援してくれたことに感謝しています。探究の天文ゼミで難しいテーマに取り組んだとき,僕の意思を尊重しながら一緒に考えてくれたりしたことで,とても強い信頼関係を築くことができました。  また,他学年との親交,特に後輩たちとの結びつきが強いのも金光学園の魅力です。僕は,中高6年間吹奏楽部でしたが,最後の受験シーズンでは,後輩たちからも本当に多くの勇気をもらい,自分の第1希望に合格できたと思っています。
個性を尊重し,文武両道を達成 。

金光学園でよかったと思うことは,個性を尊重し,文武両道を達成させていただいたことです。僕は柔道部でしたが,よい仲間にも恵まれたと思います。受験では,センター後の前期試験で,迷いなく受験できるように先生方が指導・応援してくださいましたし,部の仲間にも励まされて頑張ることができて,とても感謝しています。

平成26年卒業
大阪大学工学部応用理工学科
小池 裕介
平成26年卒業
山口大学医学部医学科
高越寛之
中高一貫教育で受験に余裕。
金光学園は,中高一貫教育で中学の時から高校の内容に触れる事ができるので,受験勉強に余裕を持って臨むことができました。また , 勉強面以外でも,文化祭や体育会などの行事や探究活動も充実していて,様々な体験をすることができ,人としても大きく成長することができました。僕は探究ではスポーツ科学ゼミでしたが, これも自分の進路実現に少なからず関係したと思います。
支えあえる友達がたくさんできた 。

中高6年間バスケットボール部の部活動を通じて,チームメイトとの絆を深めることができました。部としては決して強くはなかったのですが,そんなふうに学校生活において支えあえる友達がたくさんできるのは,中高一貫校ならではだと思います。  また,勉強や受験のことだけでなく,日常生活の様々なことにおいても親身になって接して下さる先生方のおかげで,有意義な学園生活を送ることができました。私は金光学園に通うことができて,本当によかったです。

平成26年卒業
広島大学経済学部
竹國 真衣
平成26年卒業
香川大学医学部医学科
村山 晃三
本気で取り組んだことが自分の自信になった。
大学受験で最も大切なことは,一つひとつ最後までやり抜くことです。僕は苦手な国語をあきらめずに,センター試験直前にも40~50年分やりました。また,勉強だけでなく部活や探究活動など,すべてを本気で取り組んだことが自分の自信につながり,合格できたのだと思っています。  学園の先生方は,求めればいくらでも力を貸して下さいます。自分を信じ,最後まで努力をしてください。
先生との距離が近い。
金光学園のよいところは,先生方の授業がおもしろくて分かりやすいところです。また,僕は自分から先生に話しかけることはあまりないほうなのですが,先生方から何かと声をかけたり,話しかけたりしてくださるので,先生との距離が縮まり気軽に質問などができました。受験が近い時も先生方のおかげで緊張がほぐれ,勉強に集中することができました。
平成26年卒業
早稲田大学 法学部
杉原 佑哉