ホーム学習指導

総合進学クラス

学習指導

総合進学クラス

大学合格を目指してより実践的な授業を実施 それぞれの受験に対応したきめ細やかな授業を実施。それにプラスして大学でも役立つ独自授業や高校から入学した生徒への丁寧な指導も行っています。

豊富な授業時間で真の学力をつける

中学と同様、週6日制で十分な授業時間を確保し、基礎的総合的な学力をつけると共に、多様化する大学入試制度に対応できるカリキュラムになっています。難関大学はもちろん、芸術系・体育系大学希望者にも対応できるよう選択授業を充実させています。生徒それぞれの目標が実現できるよう、しっかりバックアップしていきます。

探究心を刺激する調べ学習

学ぶ力をのばす探求学習
高校1年では大学・学問について調査、プレゼンテーションを全員が授業を行い、志望校の選択の幅を増やすことに重点をおいたキャリア教育型の探求学習を実施。高校2年では学問分野ごとのグループで課題研究を行い、3学期にはその成果をスライド、ポスターで発表します。
総合進学クラスカリキュラム

総合進学クラスの特徴

文系I/理系 国公立大学への 進学を目指す
文系I・理系コースでは、5教科をまんべんなく学習し、様々な大学入試に対応できる学力を身につけます。そのため高校1年の数学では、それぞれの習熟度にあわせたきめ細かい学習指導を行っています。卒業後は主に国公立大学への進学を目指します。※平日の7時間目・8時間目には、補習授業(希望者)が行われます。
文系II 文系科目を重点的に学習、難関私立大学入試に対応
文系IIコースでは、英語資格試験対策など、大学入試で求められる英語力、小論文で求められる国語力の向上など、文系科目を重点的に学習します。文系教科に多くの時間を取るため、難関私立大学への入試対策が可能です。※平日の7時間目・8時間目には、補習授業(希望者)が行われます。
高校からの入学者へも万全のサポート
国語・社会・数学・理科・英語の5教科は、中学3年後半から高校の内容を学びます。高校から入学されるみなさんには、入学決定後から3月末までにスクーリングを実施すると共に、入学後にも必要なサポートを用意。入学後、多くのオリエンテーションも計画されています。また、授業時間や放課後補習を活用し、1学期間は、高校での学習習慣を身につける取り組みを行っていきます。

主な取り組み

小論文・英語資格試験対策などを強化

金光学園では、大学入試にAO入試が導入される以前から、授業の中や各種の行事と結びつけて総合力がつく学習を実践してきました。また小論文のための国語力の強化や英語資格試験への対策も文系コースを中心に力を入れており、大学の新型入試に対応できる力を養います。

Self-Studying 授業後も「放課後自習室」で自ら学ぶ

下校時刻は18時ですが、月曜日から金曜日までの17時から19時まで自習室をオープンしています。「自ら考え、学ぶカ」を大切に伸ばし、部活動の後も勉強できる体制を整えています。パソコンを設置し、「駿台サテネット21」を視聴することもできます。

↑PAGE TOP