ホーム

校長室だより

校長室だより

平成29年5月2日更新

 

 新年度がスタートして1ヶ月が過ぎ、5月を迎えました。今回は今年度がスタートしての1ヶ月間の学園の主な様子をお伝えしようと思います。なお、今年になって、学園の公式フェイスブックを立ち上げて、学校行事などの写真を掲載していますので、写真などはフェイスブックをご覧になっていただければと思います。

  さて、今年度中学は171名、高校は203名の新入生を迎え、4月8日(土)に、午前中が中学、午後が高校の入学式をそれぞれ麗しく挙行しました。今年は桜の開花が遅かったため、例年なら花が散り始める時期の入学式となりますが、今年はもう少しで満開を迎えようとしている時期で、町内の桜も校庭の桜も、本当に綺麗に花を咲かせた中での入学式となりました。そして、中1と高1はどちらも、先週の21日(金)~22日(土)に1泊2日で入校時合宿を行いました。

中1の入校時合宿は、これまで、町内の金光教玉水教会控所に宿泊させていただいて実施していましたが、今回は初めて学校に宿泊をしました。東日本大震災や熊本地震などの際に、多くの被災者の方々が学校などの臨時の避難施設で過ごしておられましたが、そのような緊急事態に備える練習としても取り組みました。もちろん学校内には宿泊施設はありません。そこで男子は各HR教室、女子は「120記念館」へ宿泊したのですが、意外と快適であったようです。今本校では全館冷暖房が完備されていますし、町内といえども、学校から宿泊場所までの大きな荷物をもっての移動をしなくて良いし、雨の心配もしなくて良かったということでした。改めて総括を行なって、今後のことを検討することになりますが、もしかしたら来年からも学校での宿泊ということになるのかもしれません。もちろん宿泊場所がどうこうというより、この合宿の目的は、あくまでも新入生として
① 学園の精神を学び、親睦を深め、クラスや学年の団結の基礎をつくる。
②集団生活の規律を学ぶ。
③避難訓練・交通安全などの安全について学ぶ。
という目的ですが、十分達成できたのではないかと思っています。この入校時合宿を通して一気に学校や先生にも慣れ、新しい友達も沢山できたのではないかと思います。
一方、新高1の入校時合宿は、福山市沼隈町の「ツネイシしまなみビレッジ」という研修施設で行ないましたが、その研修施設に入所するのは12:00頃からということで、入所前に近くの「神勝寺」という臨済宗のお寺で、約1時間座禅体験をしました。多くの生徒は、座禅を組むのは初めてだったので、とても貴重な体験だったようです。午後からは英語、数学、国語(小論文)などの各ゼミに分かれて、勉強の仕方などを学びました。夕食はバーベキューを美味しく、お腹一杯いただいたようです。2日目はレクリエーションをして、親睦を深めました。特に高校から新たに入学した新入生や、今年フランスからの女子留学生(AFS留学生のロロさん)にとっては、新しい友達をつくり、親睦を深めるための貴重な入校時合宿になったのではないかと思っています。
先週の4月27日の午後5・6時間目を使って、中学では生徒会主催の新入生歓迎会が行なわれました。和やかな歓迎ムードの中で、中2・中3は新入生に向けて学校の行事や部活動の紹介を熱心に、また色々工夫して行なっていました。中1はこのゴールデンウィーク明けの5月8日・9日に、部活動の1日入部を行ないますが、きっとどこの部に参加しようかと迷っていた人には、参考になったと思います。新入生たちも、各学年の合唱や出し物も、ユニークでおもしろいものばかりで、楽しいひとときを過ごしたのではないかと思います。

 ところで、毎年4月には中学3年生が沖縄修学旅行(3泊4日)に行っていますが、それ以前は40年以上、ずっと中学の修学旅行は四国でした。しかし、瀬戸大橋などの開通で、四国は家族旅行でも簡単に行けたり、日帰りでも行ったり出来るほど身近になり、生徒や保護者の要望も受け、沖縄修学旅行になったのですが、今回で21回目を迎えました。そして今年初めて1泊だけですが、「古宇利島」というところで、民泊をしたのですが、生徒達にとっては最も思い出深いものになったようです。訪れたことのない観光地を巡るのも旅行の楽しみの一つですが、生徒達にとっては友達と一緒に過ごす時間や、現地の人達と交流できることが一番楽しかったようです。
その他の行事としては、
   ①高校生徒会長選挙で、高2小出君が会長に、甲斐君と清水さんが副会長に。
   ②高2・高3球技大会は晴天に恵まれ実施(高3にとっては最後の球技大会)
   ③中学総合検診と高校総合検診では、内科・歯科を始め健康診断を実施。
   ④高3では竹内昌彦先生の「見えないから見えたもの」の講演や、
    進研模擬テストなどの実施
など、4月は行事が続いていました。
 生徒だけではなく、4月29日の昭和の日には「やつなみ保護会(PTA)総会」も開かれ、約800人の保護者の方にお出でいただきました。授業参観・保護者学級会・総会に続いて体育館で行なわれた、弓削田健介さんの「いのちと夢のコンサート」は透明感のある歌声や、その歌詞やお話は大変素晴しく、感動で涙が溢れてきました。私だけではなく、多くの保護者の方がハンカチで涙を拭きながら聞き入っておられました。そして、本校の音楽部コーラスとのコラボレーションの合唱も素晴しかったです。一方、音楽部吹奏楽団はそのあとの時間に、その場でミニコンサートを行ないました。私にとっては、元気をいただき、心洗われる感動のコンサートになりました。

 5月を迎えゴールデンウィーク真っ只中でありますが、生徒達は部活動や発表会で、ゆっくり休める日はないかもしれません。ここ数日は初夏の陽気で、30度を超えた地域もあったようです。生徒達は学校や友達にも慣れると同時に、部活動も本格的になり、疲れも出はじめる頃でもあります。5月病という言葉が使われて久しいですが、生徒達には5月も元気で頑張って欲しいものです。
 最後に音楽部吹奏楽団定期演奏会の御案内を申し上げたいと思います。5月7日(日)の15:30から倉敷市民会館で、第45回定期演奏会が開催されます。お時間の許される方、ご興味がおあり方は、是非ご来場いただきますようお願いします。

 

  • 受験生の方へ
  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • やつなみ保護者会の方へ

年間行事

  • loading...