ホーム学校紹介

沿革と現状

学校紹介

沿革と現状

金光学園は、明治27年の創設のころから、金光教の教えをもとに「学・徳・体」一本の全人教育を行っています。 初代校長・佐藤範雄は、「教えとは愛(お)しむ心」「死に学問をするな」と説き、生徒一人ひとりのすぐれた資質を 磨くことを大切にしました。現在も、「心の教育を土台にした人間教育」という教育方針は受け継がれ、生徒一人ひとりが、「人をたいせつに自分をたいせつに物をたいせつに」という合言葉を実践して、本物の生きがいと 個性の輝きを得られるよう応援し続けています。
沿革
明治27年(1894)
金光教教師育成の目的をもって、「神道金光教会学問所」を設立。
初代校長 佐藤 範雄
明治30年(1897)
明治30年頃の学問所 校舎

明治30年頃の学問所 校舎

校名を「神道金光教会学問所中学部」と改称。
修業年限を4カ年とし、地方一般の子弟を対象とした「正科」と、金光教教師志望者のための教育を行う「本科」の二部に分けて授業を開始。
明治31年(1898)
校名を「金光中学」と改める。
明治38年(1905)
私立金光中学校 正門

私立金光中学校 正門

木綿崎山麓に新校舎落成。文部大臣の認可を得て、校名を「私立金光中学校」と改称。
昭和22年(1947)
戦後の学制改革により、新制中学校設立。
校名を「私立岡山県金光中学校」とした。
昭和23年(1948)
新学制による「金光高等学校」を設立。普通科を置く。中学校に女子を入れる。
法人名を「財団法人金光学園」とする。
昭和24年(1949)
金光幼稚園

金光幼稚園

金光幼稚園、金光家庭塾(昭和31年廃止)を金光学園の傘下にいれる。
校名を「金光学園中学校」「金光学園高等学校」と改称。
昭和26年(1951)
「学校法人金光学園」を設立。
昭和29年(1954)
昭和28年 体育の授業風景

昭和28年 体育の授業風景

7年の年月をかけて現在の占見新田に校舎移築・新築。創立60年記念式を挙行。
昭和54年(1979)
建設中の本館・特別棟

建設中の本館・特別棟

鉄筋校舎(中学棟・高校棟・本館・特別教室棟)の建設を開始。
昭和63年(1988)
ほつま体育館

ほつま体育館

ほつま体育館完成。
平成6年(1994)
創立100年を記念して「ほつま記念ホール」と茶室「碧水庵」完成。
茶室「碧水庵」

茶室「碧水庵」

創立100周年記念航空写真

創立100周年記念航空写真

平成16年(2004)
創立110年記念式典

創立110年記念式典

創立110年を記念して、校内インターネットLAN敷設、補助グランドの新設、中学棟、ほつま体育館の改修等がおこなわれた。
平成18年(2006)
金光学園大谷寮

金光学園大谷寮

金光学園大谷寮が完成。
金光学園大谷寮は、遠隔地よりの入学希望の生徒のために平成18年8月に着工し12月19日に完成した男子寮です。
平成21年(2009)

記念講堂
記念講堂

創立115年を記念して、中学棟普通教室等改修、中学棟南グランドの芝生化、高校棟1階トイレ改修、記念講堂改修が行われました。
平成26年(2014)
創立120年を記念して、1学年(240名)が受講できる「大講義室」を有する120(イチニーマル)記念館が完成。あわせて高校棟、中学棟(~平成27年度(2015))の耐震工事が行われました。
120(イチニーマル)記念館

120(イチニーマル)記念館

大講義室

大講義室      

現状
教職員総数 124名
生徒総数 1,205名 中学生 15クラス 554名
高校生 20クラス 651名(留学生1名を含む)
高校卒業者 18,230名(旧中学校を含めると 22,676名)