ホーム学校生活

先生紹介

学校生活

先生紹介

学園と家庭がひとつになって生徒の心を育む 学園と家庭がひとつに心を育む人間教育,学習や生活をサポートする制度,教育のプロである先生と家庭との密接な関係づくりなど,すべてが一体となった教育体制を整えています。なって生徒の心を育む

学びへの熱意と工夫あふれる教諭たち

中村 耕太 授業科目/数学

私たちの身の回りには,いたる所に数や図形が存在します。「ひまわりの花」や「ミロのヴィーナス」などにも数学が隠れています。数学の見方,考え方をしっかりと身につけさせることはもちろん,身の回りの生活とも関連づけ,数学の魅力や楽しさを伝えたいと思います。ちなみに数学は同じタイプの問題をたくさん解けば解くほど,必ず経験値が上がります。経験値が上がれば,問題を解くスピードが速くなります。私たちは皆さんの数学経験値が上がるよう全力でサポートします。

志手 彩 授業科目/英語

 

英語は「言葉」であり,世界の人々とつながるための手段です。英語を通して,自分の気持ちが相手に伝わったり,相手の言葉が自分に届いたりした時,感動や自分の世界の広がりを実感することができるでしょう。授業や校内外の国際化の取り組みを通じ,インプットとアウトプットを螺旋のように積み上げ,世界で活躍できる「生きた英語」を身につけることを目指しています。

松田 恵梨香 授業科目/国語

「言葉の力」と聞くと,話したり書いたりする力を思い浮かべると思います。でも,実は静かにじっとしている時でも「言葉の力」は必要です。なぜなら,何かを考える時も,私たちは言葉で考えているからです。もやもやした時,その気持ちをきちんと言葉で表現するだけで心が軽くなります。わくわくする時,その気持ちをきちんと表現するだけで,楽しさが倍になります。作品を読んだり,表現したりしながら,豊かな「言葉の力」を身につけ,上手に考えることができる人になりましょう。

城戸 勇人 授業科目/理科

「なぜ,空は青いのか」。一度は疑問に思ったことはありませんか。普段の生活の中でふとしたその「なぜ?」こそ理科を学ぶ上で最も大切なことだと私は思います。しかし,その疑問を解決するためには正しい知識が必要です。その知識をもとに,考え,解決した時,そこには今までにない達成感が生まれるでしょう。授業の中でも「なぜ?」を大切にし,一人ひとりのこれからの学習に必要な思考力や表現力を伸ばせるような,明るく楽しい授業を展開します。

小松原 悠希 授業科目/地歴

なぜ,江戸幕府は約260年も続いたのか。なぜ,山のこちら側と向こう側で天気が違うのか。授業では,常に「なぜ」から始まる学びの過程を大切にしています。社会科は物知り博士になるための教科ではありません。教室で学んだことを外で実感する瞬間こそが社会科の醍醐味です。私たちが生きている社会の「なぜ」を紐解き,普段目にしている何気ない風景のおもしろさや素晴らしさをともに味わいましょう。

園田 泰之 授業科目/音楽

人の生活は音や音楽に溢れています。TVから流れてくる音楽だけでなく,鳥のさえずりや風の音もそうです。音楽を学ぶということは,ただ楽しむだけでなく,歴史を学び,仕組みを知るということです。学ぶことで音楽をより深く理解し,より楽しむことができるのです。授業を通して,万国共通の「音楽」の素晴らしさを体感し,自分の持つ世界観を広げて欲しいと願っています。一緒に楽しみましょう!